子どものいびき

いびきをかくのは、大人だけではありません。
子どもでも、いびきをかく子がいます。
たまにかくいびきならば、疲れているのかもしれませんし、鼻風邪をひいて鼻が詰まっているのかもしれませんね。
しかし、毎日のようにいびきをかいているのならば、いびき防止について考える必要があります。
大人でもいびきを毎日かいていると、日中の注意力が散漫するといわれていますが、子どもも論外ではありません。
成長期の子どもで、いびきがひどい子は、身体的にも精神的にも悪影響を及ぼすと言われています。

へんとう肥大という病気をご存知ですか?
へんとう肥大は、喉のへんとう部分が大きくなる病気です。
厄介なことに、普段は強い痛みを伴うことがないため、本人にその自覚がないのだそうです。
へんとう肥大に子どもがなると、喉の通り道が狭くなり、食べ物が飲み込みにくくなるため、ご飯をたくさん食べなくなってしまいます。
そのため、身体的な発育はもちろんのこと、昼間も元気がなくなってしまうことでしょう。
当然、体の免疫力も低下することとなります。

もしも、お子さんの食が細いとか、風邪をひきやすいなどといった悩みをお持ちでしたら、一度子どもの寝ている様子をよく観察してみてください。
いびきをかいているようならば、横向きに寝かすなどといった、いびき防止法を実践してあげましょう。
時折、呼吸が停止しているようならば、病院の診察を受けていびき防止法を相談しましょう。
成人病の心配よりも喉や鼻に病気を持っていることが多いので、耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。
  


いびきとおねしょの関係

いびきをかく子どもには、おねしょをする子が多いのだそうです。
「いびきをかくほど、ぐっすり寝るからトイレにいけないのね」と思われがちですが、そうではありません。
もしも、お子さんがよくおねしょをするようであれば、おねしょをしたことを叱るのはやめてくださいね。

実は、いびきは尿の出を抑える為のホルモンの分泌が低下するため、おねしょを誘発するといわれています。
大人でもいびきをかく人は、トイレの回数が増えるといいますから、納得ですね。
いびきをかく原因さえわかれば、いびき防止とともに、おねしょもしなくなるはずです。
まずは、いびき防止に取り組むことが先決です。

子供の様子をよく観察してみてください。
遊ぶことを嫌がり、昼間でもゴロゴロしていたり、喉越しの良い食べ物しか受け付けない様子はありませんか?
もし、あてはまるようであれば、検査を受ける必要があります。
もちろん、肥満傾向にあるのならば、食生活から見直さなくてはいけません。
生活習慣を見直して、体質改善をすれば、いびき防止につながっていくでしょう。

いびきをかかなくなれば、おねしょも自然と治まるはずですし、昼間には元気な姿を見せてくれるはずです。
また、赤ちゃんであれば、自分から不調を訴えることはできませんから、親が子供の様子を観察することは重要ですね。
いびきは、健康かどうかを見極める大事なサインです。
子供のSOSを見落とすことの無いように、気をつけましょう。
  


子どものいびきをなくすために

子どもでも大人でも、いびきをかくということは健康な体ではないことを意味します。
「いびきをかく子は大物になる」なんて言っていたのは、昔の話です。
たまにするいびきであれば、大人でも疲れている時に出たりしますから、問題はないと言えるでしょう。
しかし、毎日のように大いびきをかいて、さらには呼吸が途中で止まっているお子さんはいませんか?
その子たちの多くは、学校や幼稚園で落ち着きがなかったり、元気がないと言われることがあるのではないでしょうか?

子どものいびきは、親がいびき防止の治療の手助けをしてあげないと大変なことになってしまいます。
子どものいびきを知らずに放っておくと、漏斗胸という病気になって手術をしなくてはいけなくなることもあります。
明らかに呼吸が止まっているようないびきをかいているのに、いびき防止を何もしないでいると、突然死を招く危険さえあるのです。最悪なことになる前に、十分なケアをしてあげることが大事です。

今の子どもたちは外で遊ぶことも少なくなりました。
昔と違い、安心して遊べる場所が少なくなったことも大きな原因の一つなので仕方のないことですが、日光にあたるということは健康な体を作る上で、とても重要なのだそうです。
そして、バターなどをたっぷり使った食事は避けて、野菜や魚を使った料理を出してあげるようにしましょう。
専門医に見てもらうことも大切です。
早い発見は、早い完治につながります。
親として、子どもの快眠のため、いびき防止のために出来る事から、始めていきましょう。
  


福岡病院 『いびき外来』

福岡県福岡病院には『いびき外来』という診療科があります。
この『いびき外来』のホームページをインターネットで見る事ができます。
いびきの仕組みから検査、いびき防止法や治療方法まで、とても詳しく書かれています。
実際に、いびきの音を聞くことができるコーナーもあって、自分や家族のいびきが危険かどうか見極める判断になりますね。

なかでも、いびきの危険度判定テストという項目があるのですが、いびきで悩んでいる方にはお勧めです。
性別・年齢・体重・身長・いびきの性状・ぐっすり眠った感・寝付くまでの時間・目覚めまでのトイレ回数を入力するだけで、肥満度と睡眠時無呼吸症の確率が分かるというものです。
このテストによる結果は、過去約300件の患者さんのデータをもとに、はじき出されるものなのでとても参考になることは間違いなしですね。
もちろんこの結果が良くても、体調がおかしかったり、家族からいびきに関する苦情があるのならば、診察を受けていびき防止をすることは必要でしょう。

また、いびきや睡眠時無呼吸症の検査を受けたいけど、どこへ行けばよいのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
ここのホームページでは、全国の睡眠時無呼吸症の診療をしてくれる病院もリンクされています。
自分の住む地域には、どこの病院があるのか一目で分かりますから便利です。
いびきに悩んでいる方、家族のいびき防止法を探している方、一度、このホームページをご覧になってはいかがでしょう。